起業をすると、今まで勤め人だった間は、当たり前にあった雇用保険や労災がなくなります。

これは、あくまでも雇用されている人が入る保険だからです。

ただし、社会保険(厚生年金、健康保険)は、会社単位で加入です。

しかし、特別加入を行うと、経営者も労災に入れます。
事業の職種は問いません(業種により仕事の危険度が違いますので、保険の値段は変わります)。
労災の保険料は、月数千円です(別に事業場の月手数料などが7500円)。

ただし、建築業や機械関係など、特に大手の請負を行うときは、労災の「特別加入」を求められるときがありますので、やはり仕事上の信用力の問題と、事故があったときの保険を考えると加入しておいた方がよろしいかと思います。

もし、特別加入をお考えの時は、ご相談下さい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア