起業時に適した助成金メニュー

注)ここでは主に起業される方に知って頂くために、簡易でわかりやすい表現をしてます。実際の申請時には必ず事前にご相談下さい。

また、助成金は毎年変更があるため、最新のものはお問い合わせください

※いわゆる風営法に関する風俗営業や、政治・宗教絡みの法人・団体、営業の実態がないものは、助成金の対象にならないケースがほとんどのためご注意下さい。

1受給資格者創業支援助成金~平成25年3月31日で廃止
会社を退職して新規創業を目指す場合

2、自立就業支援助成金(高齢者等共同就業機会創出助成金)~平成23年6月30日で廃止
45歳以上の仲間3人以上で共同経営する場合

3、中小企業基盤人材確保助成金~平成25年3月31日で廃止
新規創業・(既存の企業が)異業種に進出する際に、設備費などで250万円を使い中核となる年収350万円以上の労働者、及び一般労働者を雇い入れる場合

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア