対象商品やサービスはブランド化することが大事ですが、もう一点考えましょう。それは、お客様から見た場合の分かりやすさです。

例えば、お肉の卸を中心にしているショップだとしますと、明確に「お肉専門」と歌うべきです。

「卸」ということは、対会社やホテルなどの団体相手を意味しています。最低購入量が2kgからなどの形にすれば、一般の消費者はそこからは買わないでしょう。

 

そのお客様は逃すのはもったいない?いえいえ。例えば、「200gのみください!」と言われても、手間仕事で対応出来ないでしょう。それは、地元のスーパーさんなどに任せればいいのです。

つまり、「自らをブランド化=対象の顧客層もより絞り込む」ということですね。

商品といいましたが、例えば工務店の腕とか、納期の正確さとか、全て考え方は同じですからね。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア