「創業融資と開業資金調達のポイント」の記事一覧

起業と創業融資の考え方

創業融資と開業資金調達のポイント

起業創業に当たっての資金調達とは? もし、今スグ500万円をほとんど無利子で借りられたら、どう起業展開をしていきますか? ○最新設備を購入する。 ○これは!と思う人材にセールスマンに契約金を支払い引き抜く ○仕入れを充実させて(或いは広告を打って)、売上を倍増させる 使い道は、色々ありますが、 自由...

通帳は大事です

創業融資と開業資金調達のポイント

1、融資申し込みの際に通帳をもっていく。 融資の申し込みの際にもっていくもので、大事なものの一つに「通帳」があります。 持参する通帳の期間で言うと、6か月から12か月分です(担当者にもよりますが、12か月分、つまり1年分・・・

リスクと創業融資

創業融資と開業資金調達のポイント

1、知っておいてね。リレーションシップバンキング。 リレーションシップバンキング。略して「リレバン」という考え方があります。 実は融資等を行う場合、企業に対する2つの見方があります。 1、「定量分析」=定量面 今までの決・・・

日本政策金融公庫で融資を受けてみました

創業融資と開業資金調達のポイント

1、開業3周年記念に? 実は、5月に開業3周年を迎えました。現在、4年目(平成25年は、8年目)に突入です。 その記念に何をしたかというと、日本政策金融公庫に、自らの融資申請に行ったという(笑 開業した時に、開業資金を一・・・

融資と保証人について

日本政策金融公庫と制度融資 創業融資と開業資金調達のポイント

1、融資に無担保・無保証の制度はあるけれど 日本政策金融公庫(以下公庫)に、新創業融資制度という1,000万円まで無担保・無保証人で、新規事業融資を行う制度があります。 ただ、制度としてあると言っても、当然のことながら保・・・

事業と経験

創業融資と開業資金調達のポイント

事業計画を書くときに最初に考えること。また、融資の面談の時に必ず聞かれること。 それは、「この事業の経験がありますか?」ということです。 いわゆる「業界経験と知識」というやつですね。 大体、独立起業なんていうのは「ナイナ・・・

ページの先頭へ