創業融資で開業資金を調達

起業と創業融資の考え方

まず、開業時の創業融資など、いわゆる資金調達について考え方をお話しておきますね。

起業に当たっての資金調達とは?

もし、今スグ500万円をほとんど無利子で借りられたら、どう起業展開をしていきますか?
○最新設備を購入する。
○これは!と思う人材にセールスマンに契約金を支払い引き抜く
○仕入れを充実させて(或いは広告を打って)、売上を倍増させる

使い道は、色々ありますが、 自由に使えるお金が、ほんの数百万円あるだけで事業は劇的に変わる可能性を秘めています。
低利で長期間借りられるなんて、これほど嬉しいことはありません。

借金は悪なのか

借金は「悪」という風潮があります。確かに毎月の収入が決まっている、例えば勤め人がギャンブルや友好費、買い物などの単なる消費生活に投資するのは、「浪費」でしかありません。

これは、悪です。その本人になんの生産性も産まないからです(勿論、好きでやっている分にはかまいません。あくまでも事業においての観点です)。

 

しかし、事業を経営していく中では、加速的に成功をするため、借金が必要な場合もあります。創業時の融資をテコの原理として、投資し、事業を加速成功させるのです。

資金繰りを安定させるだけで、事業は飛躍的に拡大でき、事業は人材・お金など色々な面で儲かるのです!

ですので、創業などで融資を受けるのは当たり前のことです。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

通帳は大事です

1、融資申し込みの際に通帳をもっていく。
融資の申し込みの際にもっていくもので、大事なものの一つに「通帳」があります。
持参する通帳の期間で言うと、6か月から12か月分です(担当者にもよりますが、12か月分、つまり1年分と言われることが多いようです)。

2、なぜゆえに通帳?
さて、12か月分の通帳をもって行くと簡単に書きますが、あまり気分の良いものではないですよね?
何せ、自分の「お金のやりくり」が全てわかってしまうわけですから。

しかし、実は通帳をもって行く大きな理由は、今お話した「お金のやりくり」がわかるからなのです。

3、では、通帳のどこを見られるの?
例えば、毎月の家賃がキチンと同日付(家賃の支払いは、月末など一定期日が通常のため)で引き落としされているか?(購入している場合、固定資産税の支払い明細を求められます)。

毎月の光熱費は一定で引き落としされているか?(又は領収書を求められます)。
ローンの残高の引き落としはないか?(例えば、車をもっていれば、その分生活費に計上する必要があります)。
等々、一定のサイクルでの引き落としがキチンとされているかを見られます。

要はそれによって、何がわかるかというとお金にたいするまじめさです。

一定の時期にキチンと引き落としや支払いをしているということは、「お金を貸しても一定の期日にはキチンと返してくれる人だな」とみられやすいということですね。

4、そんなこと言っても。
ここまで書くと「そんな評価されなくても借りたものは返す!」と思いますよね。

おっしゃるとおり。ただ、相手(公庫等)にとっては、一見さんなわけです。

政策金融公庫のローン返済は60回、つまり5年等の長期になるのです。
一見のお客様から長期の取引を申し込まれると警戒しますよね?
又は、警戒という言葉が適切でなければ、その間、すべてキチンと支払い等があるのかと考えますよね?

今まで取引があれば、その状況に応じて調整できます。信用がありますから。
ただ、特に起業時というのは、今までの実績(起業内容において)がないわけですから、通帳等で判断せざるを得ないということです。

それでは、一番強いのは?はい。通常の通帳とは別に定期預金等があることです。
コツコツと、お金をためて準備をしていました→まじめに返す方と見られます。

ということは、起業の準備は今からでも始まっているということですね。

又は、現在起業をされている方の場合、定期預金を積むのが信用に繋がるということです。
是非、準備万端整えて、ロケットダッシュをしていきましょう。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

リスクと創業融資

1、知っておいてね。リレーションシップバンキング。
リレーションシップバンキング。略して「リレバン」という考え方があります。

実は融資等を行う場合、企業に対する2つの見方があります。
1、「定量分析」=定量面 今までの決算書などから客観的に判断する。

2、「定性分析」=定性面 経営者の人格や力量で判断する。
というものです。
ちなみに、金融庁の指導では「定性面」主導。

つまり、経営状態が多少悪くても経営者の質がよければ融資をしなさい!
という指導方向になっています・・・。ホントっすか??

2、性格の真面目さなんて・・・
しかし、現実問題としてビジネスに対する姿勢(や内容)が、いかに素晴らしくても、金融機関はわからないわけですよね。
いくら定性面が素晴らしくても、現実的にはお金を貸しづらいわけです。

何故か?勿論、「貸し倒れ」というリスクを取りたくないからですね。

担当者や店長(融資課長など)の責任問題となるので、信用だけではリスクをとってまで、経営者に対して「貸さない」ということです。
だって、金融機関がリスクなんてとりませんよ。

3、しかし、特に起業したばかりでは実績もない
ましてや、起業・開業したばかりの段階では、定量=今までの決算書等は何もないわけですから、その企業の経営状態もよくわからない。

定量面、定性面の両方が使えない!これはピンチですよ(笑
いや笑いごとではないですね。すいません。

であるならば、少しでも定量面と定性面を、「みて貰えるように」努力してみましょう。

通常、起業以前の取引先や在職した会社などが、開業した後もお客様になって頂ければベストですね。

そして、理想は、融資面談の時にその会社との業務の契約書など、付き合いのあることを示せる書類を持参することです。

これが、決算書の変わりとまでは言いませんが、少なくても当初から仕事があるということで、定量的に相手(融資担当者)に安心感を与えることができます。

え?飲食店を考えているので、新規の個人客ですか?
飲食店をやるのならば、例えば、お客様の対象層(OLさんとか)が、店を開きたい場所を通ったデータ数を集計して提示するなどです。

朝・昼・晩 土・日の人数とか。
これにより、来店数の予想になります。事業計画書に生かせますよね。

この場合、データ的な定量面と、性格的に真面目である(データを取るくらいなので)という定性面を両方提示することができます。

4、相手が言い訳できるように
結局のところ、実績がないのならば、融資担当者が「これなら融資をしても仕方ないな。その内容で稟議を書いてあげよう。」と、上司に対しても言い訳できるような資料を与えてあげるということですね。

実際、この間、会社設立等をお手伝いしたお客様は、以前の取引先と契約を結んでいたため、「それをもっていって下さい。コピーしてお客様名等は消してもいいから」というお話をしました

が、無事300万円の融資がおりました(資本金は150万円)。
なるべくこういった書類を用意してあげましょう。
担当者が、少しでもリスクを取れるように(笑)
努力してあげて下さいね。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

日本政策金融公庫で融資を受けてみました

1、開業3周年記念に?
実は、5月に開業3周年を迎えました。現在、4年目(平成25年は、8年目)に突入です。

その記念に何をしたかというと、日本政策金融公庫に、自らの融資申請に行ったという(笑
開業した時に、開業資金を一度借りて、一年ちょいで一旦全額返済しましたが、再度の申請になります。

 

2、なにゆえに融資申請?
「実は、今日のご飯が食べられなくて、融資申請を・・・。」というのは冗談で(半分ホント??)、近い将来、事務所の移転(拡張の意)や、人の雇用、提携先の増加等、いくつか大きな動きがあるので、その時に手元資金が足りずにジタバタしないよう、少しだけでも先に借りておこうと思いました。

要するに、現在、近い将来形になりそうな、潜在的な大きなお話が多くなってきているので、近い内、いろいろなお話が一気にドンと具体的になる可能性がありますので、その前に準備しておこうということです。
金額ですか?ほんの200万円程度です。

 

3、一般の開業資金と比べて
200万円というと、先に商品の仕入がある業種の方は「たったそれだけ?」と思われるかもしれませんね。

ただ、私のような行政書士や社会保険労務士等、資格を元にしたコンサル業というのは、「仕入」という概念がないので、一般適に200万円~300万円程度を開業資金とするケースが多くなります。

あ、この「仕入」がある商売であるかないかは、融資申請の時に非常に大きなポイントとなります。

要するに商品等の仕入→先にお金が出ていくため、その分運転資金が膨らんでくるからです。又、詳しく書きますね。
ちなみに、通常、業種を問わず国民金融公庫からの「開業時の平均」借入額は約400万円前後です。

だから、私が、経営4年目突入で、(主に)運転資金として、とりあえず200万円程度借りるというのは、まぁ妥当な金額でしょ。

 

4、先に動くしかないのです。
結局のところ、融資に関しては、「お金を借りてキチンと返す」ということを繰り返して、「信用」を付けていく以外にないわけです。

私は、前回150万円借りて一度返済しています。今回200万円なので、次は300~500万円くらいです(笑
いつも、言っていますが、「手元のお金が無くなってから」では、誰も貸してくれないわけです。

事前に融資を申し込んでおき、返済しておいて、信用を付けていく。
一般の商売も融資申請も考え方は同じなのですよね。

勿論、親族の連帯保証人を付ける場合や、すでにローンのない不動産を担保にするときは、別ですが。これは、担保提供をしているので、「個人の信用力」とは意味が違います。
ただ、いわゆる「金なし・コネなし」で起業するのであれば、全て「事前、次善」に考える必要があります。

私は、学歴もなし!なので、もっと考える必要があります(笑
自分で融資申請をすると、お話できるノウハウも増えていくのですよね(笑

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

言ってはいけない!融資のNGワード

1、これは言ってはいけない
創業時に融資申し込みをすると、約1週間後に担当者と面談になります。

この時、言ってはいけないNGキーワードがあります。
それは、「いくら借りられますか?」
なぜこのキーワードはタブーなのでしょうか?

2、金融機関から嫌われる融資申込内容とは
創業時に融資を申し込んでも、金融機関から嫌われる融資内容があります。

その中の一つが「資金用途がはっきりしない融資申込」です。
資金用途がはっきりしない理由は、主に2つが考えられます。

1、本当の資金使途を隠しているため、はっきり説明できないケース。
2、資金の使途が、借り手である起業家にもはっきりわかっていないケース。

1、のケースは、よくあるのがいくつかの会社を経営している社長が、赤字の会社に迂回融資をするケースなどです。

起業時は、他のことに資金を回すだけの余裕はないと思われますので、1のケースはほとんどないでしょうが、資金の用途が不透明になりますので、当然嫌われます。

というか他に流用することがわかった時点で、一活返済等を迫られる可能性もあります。

逆に、今からの起業家に多いのが2のケースです。
資金用途が起業家自身にもはっきりわかっていないのです。「そんなアホな・・・。」と思われるかもしれません。

しかし、資金用途ではなく、単純に「借りられるだけ借りたい」という考えの方も多数いらっしゃいます。

3、借りられるだけ借りたいは経営上どうなのか
借りられるだけ借りたいが嫌われる理由として、わけもなく「借りられるだけ借りたい!」などという経営者では、返済計画もキチンと立てられるわけはないからです。

売上 – 経費 – 利益→返済原資 になります。

返済原資から融資の元本と利息を引いていくわけです。
借入金が倍になれば返済額も倍になります。

つまり、売上額の見込みがあるはずの計画なのに、返済額だけが2倍になるなどということなどありえないわけです。

4、融資希望額には根拠が必要
順番として先に事業計画や使い道があって、資金繰りを考え融資申し込みをするはずです。

そのため、「いくら借りられますか?」ではなく「いくら必要なのです」というのが正しい話の仕方なのですね。

面接担当者もプロですから、そういった言葉などはちゃんと聞いています。
勿論、不安になってしまい、「いくら借りられますか?」と言ってしまう気持もわかりますし、それを言ったから即融資されないというものではありません。

ただ、自分で作った起業計画=人生の計画書です。
その計画がキチンとしていないのならば、まだ起業する段階ではないということになります。

だから、そもそも「いくら借りられますか?」という言葉は起業そのものにかかわってくる否定キーワードなのですね。
自分の人生計画(起業計画)をキチンと立てて、自信をもって面接にいどんで下さい。

ちなみに、例えばHPを作る場合でも、どういう商品をどういうお客様にどういう方法で提供するのかを徹底的に考えないと・・・売れません。

融資だけではなく、計画の重要性という意味では、すべて繋がる気がしますね。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

妻名義の預金は自己資金になるのか?

(質問)
妻と私は共働きです。妻にへそくりというか妻名義の口座もあり、それを自己資金に充当するということは可能ですか?
また可能だとして、取り扱い上、留意してお かなければならないことはありますか。

(答え)
基本的に自己資金とはなりません。ただし、ないよりははるかにマシです。
理由としては、奥様が働いていらっしゃるからです。
つまり別の人間なんですよね。

専業主婦であれば、奥様名義の通帳も一家のお金とみなされますが、奥様が働いている場合、夫婦でも別会計となります。

しかし、例えば夫婦で奥様の口座に入れている場合もあるでしょうし、そのあたりキチンと説明すれば、かなり有利になる可能性があります。

別の問題ですが奥様が保証人になる場合、へそくり等奥様名義のものも自己資金の一部となりますので(通帳等に入っている場合など、明確に確認できる場合。タンス預金では駄目)、保証人をたてる場合はこれも有利な材料になります。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

借りやすい創業融資の制度は?

(質問)
創業時に借りやすい、保証人をたてなくてもよい融資制度などはありますか?

(答え)
創業時の無担保・無保証融資制度は、それほど多くはありませんが、一般的に保証協会(リンクは東京保証協会)の創業融資

窓口は金融機関なので、最寄りの信用金庫等で(メガバンクでは基本的に相手にされないので信用金庫にいくこと)、保証協会付の創業融資の相談といった方が早いかと思います。

日本政策金融公庫 新創業融資制度

これは、新創業融資制度という別の枠があるわけではなく、通常の貸付制度の中(例 普通貸付)の1,000万円分までは、無担保・無保証で申込をみとめましょう(あくまでも実効額ではなく、申込額)しましょうというものです。

窓口は、本店所在地(になる予定)の支店ですが、本店が決まってない場合、住所地でも対応はしてくれますので訪ねてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

会社設立と融資申し込みの順番

(質問)
株式会社を設立するとして、融資の申請と設立の間には、順番はありますか。
また設立が先に立つ場合があるとして、資本金の一部を、自己資金として見なすことはできるのでしょうか。
会社設立が先です。と申しますのは、個人よりも会社の方が融資的には有利となります。

資本金、設立にかかったお金、間で必要になり買ったパソコン(領収書等は必要)などは全て自己資金となります(先日の相談時費用など)。

自己資金とは、個人でその時にもっていたお金という意味ですので、そこから必要なものを出したことは問題はありません。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

融資と保証人について

1、融資に無担保・無保証の制度はあるけれど
日本政策金融公庫(以下公庫)に、新創業融資制度という1,000万円まで無担保・無保証人で、新規事業融資を行う制度があります。

ただ、制度としてあると言っても、当然のことながら保証人がいた方が融資がおりる(又は満額融資される)可能性は高くなります。

それでは、保証人というのはどのような人がいいのでしょうか?

2、保証人が必要な場合
今回はある社長を例にしてお話してみます。
A社は達磨を売っている会社さんでした。
地元密着型で商売を行ってきたのですが、ある時東京で働いていた社長のお嬢さんが退職し実家に戻ってきました。

そして、インターネットを使って販売すれば、小資本で新規顧客の開拓ができるのではないかと提案し、地元特産のこけしを売りだすことを提案したのです。

ネットで売れるかどうはおいておいて、パソコンの詳しいことは何もわからない社長ですが、やる気になってくれている娘に反対もできず、娘に全権を与えてHP作成費用と広告宣伝費、こけしの仕入れ費用等で、500万円を融資してもらうため公庫の窓口を訪れました。

融資と保証人について の続きを読む

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

事業と経験

事業計画を書くときに最初に考えること。また、融資の面談の時に必ず聞かれること。

それは、「この事業の経験がありますか?」ということです。
いわゆる「業界経験と知識」というやつですね。

大体、独立起業なんていうのは「ナイナイ」づくしのスタートです。
入金はないのに、毎月の生活費は発生するのですから、逆にマイナスからのスタートかもしれません。

 

けれども、何もない状態で「やる気と情熱だけはありますので、お金を貸してくれ。
融資をお願いしたい!」と言っても、それは貸してくれません。
私も貸しません貸しませんよね(笑

とすると、「ナイナイ」づくしの中から、何かしらプラス方向で補足できるものがないかを考える必要があります。

その中の材料のひとつが「その業界の経験、業界知識」です。

「主婦だからこその発想。素人の私だからできた」というような話もききます。
しかし、これは商品やサービスの開発等のお話です。

例えば、入金のサイクルはどうですか?
半金、半手(半分現金。半分手形)が常識の業界ではないですか?

そうすると、手形を現金化するために売り上げ金回収のスパンが長くなりますが、その間の資金繰りはどうしますか?そこを融資の担当者に聞かれたら、説明できますか?
融資の際、担当者に「ビジネスのリスク管理」を考えていることを、説明:納得させていく必要があります。

「素人ならではの発想:企画力でやっていきます」では、商品開発はできても経営としてはやっていけないのですよね。

 

だから、そういったことを補い、リスク管理をしていくことについても、「業界知識、業界経験」というのは大事になります。
また、よくいわれる「自分の棚卸」ですが、これは自分の経験値からしかでてきません。

だって経験がなければ「棚の中はからっぽ」ですから(笑
経験値の時間がなければ、お金で買うしかありません。

フランチャイズや研修会への参加でお金を投入するか、経験がある方を雇う(給料が発生する)などです。
自分や会社の経験値と武器になるもの。
もう一度考えてみましょう。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

資金の色わけ

事業用資金の内訳は数あれど、大きく2つを覚えておきましょう。
第1のコース 運転資金
会社運営に関して日常的に必要な資金。一般的に短期資金です。・・・仕入代金や人件費。その他経費など。

第2のコース 設備資金
設備投資のための資金・・・その名のとおり設備投資等資金。一般的に長期資金です。

この2つのバランスが非常に大事。

例えば、設備資金を調達する場合に、4年返済で資金を借りましたが、設備資金は長期の回収が必要になります。

そうすると資金繰りがおかしくなります。
だから、長期資金か短期資金かの違いを理解して資金繰りをしていくことが大事です。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

エグゼクティブサマリー

事業計画書というと、何か膨大な量の計画等を作るように思いますが、実際は、エグゼクティブサマリー1枚にまとめた資料が全てになります。
エグゼクティブサマリーとは、ビジネスプランの要点をまとめた事業計画の概要のことです。
通常はA4で1枚程度のものであり、この1ページで本事業がいかに素晴らしいのか?

融資担当者、事業の協力者などがすぐに納得できるように書きます。
特に「自らのビジネスにおける優位性」がはっきり説明できるようにして下さい。

ターゲットや市場が明確であり、顧客特性やニーズを把握。
ライバルも研究した上で、自分のビジネスをどう展開するのかを書いていきます。

○重要なポイント
エグゼクティブサマリーだけで、この事業のポイントがわかる。
どこが違うのか?わかるように書く。
口でで30秒~1分程度で、何がやりたいかを相手に伝えることができるように書く。

○書いておきたいこと
1、経営者の略歴~何をしてきた方なのか?
2、製品・サービスの特徴は何なのか
3、ターゲットにする市場や市場規模
4、自分のサービスに対する顧客やユーザーの特性
5、自社の優位性)
6、売上や利益・収益計画
7、必要な資金の調達

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

事業計画書~経営陣の略歴

事業計画書を作る場合、主要経営陣の略歴も重要です。なぜなら人は人に興味があるからです。
どんな人が事業を行っているのか??
そこに興味をもたすことが重要になります。
○何を書くべきか?
こういう人物(又はメンバー)が事業を行うのならば大丈夫そうだ!と思えるよう、これまでの実績や強み、今までの事業と今回の事業への関連性などをわかりやすく書きます。

A4版1ページで、経営陣に関心をもってもらうように書くこと。
今までに成功させ社内などのプロジェクトがあれば、それも書くことも重要です。

○学生での起業や今までに特に実績がない場合
なぜ、自分達がこの事業をやり、この事業を成功させる自信があるのかを共感を得るように書く必要があります。

※書く上でのポイント
結局、人が全て。説得力のある事業計画も、それを実行できるチームの存在が極めて重要のため、経営陣に興味をもってもらえるようにする。

事業を成功させる上で重要な経験や実績を簡潔に書き、本事業と関係ない経験は割愛します。

結局のところ、言い古されているかもしれませんが、自己(又は自社)の経験上の強みをめとめるということが重要です。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

事業計画書(創業計画書)の利点

事業計画書を作る意味
政策金融公庫だろうがなんだろうが、融資に関して、まずは事業計画書(創業計画書)からスタートします。

では、現実的に融資担当者はどこまで見ているのでしょうか?

勿論、担当者によりけりなので、一概には言えませんが、「あまり見ていません(笑)」

政策公庫には、「どんな業種であれば売上いくらくらいが平均で仕入れ、人件費等はいくらくらい」という膨大な資料がありますので、「今後の売上計画」を、いくらふかして書いたところで、「はいはい」な訳です(またまた笑)

また、融資担当者とは面談をしますので、ある程度「口頭」でも説明はできるのですね。
しかし・・・です。重要なのは融資担当者の上司です。

この方達は、書面上判断せざるを得ない。
事業計画書等である程度判断せざるを得ないわけです。

融資担当者は面談をするわけですから、人柄なども何となくわかります。
でも・・・、上司には人柄などはわかりません。

繰り返しますが、事業計画書等の書面で判断せざるを得ないわけです。

だから、逆説的ではありますが、見えない上司に向かってもわかりやすい形で書くことが大事。
「あれだけ面接の時に力説したので、融資してくれるだろ!」では駄目なわけです。
上司には伝わりませんもん。

そう考えると、それほど難しいものではないですね。
そう「稟議書」みたいなものだと思えばOKです。
又は提案書のような感覚。

稟議書には相手の会社の担当者、上司、社長が見ても大丈夫な内容を折り込みますよね?
事業計画書なんて、一生に1度か2度しか書かないので、凄く難しく感じます。

まずはA4用紙一枚に事業の概要を落としこんでみて下さい。
稟議書を書くのと、同じような感覚で大丈夫ということです。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

事業計画書の見える数字

融資担当者に「見える数字」にして伝えてあげて下さい。

それが、創業計画書を書く場合、大事なことの一つです。

公庫の創業計画書のひな型を見るとわかります(3行目)。

まず、左側の頭が開業動機になっています。
次はチェック欄ですが、3段目が「この事業の経験はありますか?」です。
この「経験」というのが、融資を申し込むにあたり凄く大事なことなんです。
というか、「経営する」ことにあっても大事ですよね。

実は、創業計画書で書いていく順番というのは、大事だったりします。

だって、起業するときに創業計画書で最初に経験を教えて欲しいと言ってるんですもん。
で、その時に「見える数字」を伝えてあげて欲しいのです。

通常、大学卒業後○○会社入社、営業として○○など、履歴書的に書くのですが、その他になるべく具体例をあげて下さい。

「スーパーバイザーとして、日本全国100店を出店。売上を○○にして、表彰を○回受ける」
「不動産業何年で、建売住宅を業界平均は月○棟だが、私は月に○棟販売し、○千万の売上に貢献。」
などの目に見える実績です。
単純に「○○会社で不動産業、営業職何年」では、融資担当者に具体的にわかりませんよね。

要するに、今までの経歴を具体的に「数字」を入れて、説明できるようにしてほしいのです。

え?何の実績もない場合ですか?
だって、独立して商売をやる人が、その分野で人様よりも負けていることはありえませんよね(笑
その場合、自分のいろいろな実績を棚卸してみて下さいね。

また、別段融資申請だけではなく、今までの自分の実績を考えてみることは、自分の事業展開の準備にもなります。
それこそが、自分の得意なことですから!

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

起業前のアドバンテージ

日本政策金融公庫(旧国民金融公庫)の創業融資に、連帯保証人不要制度があります。

融資上限額が1,500万円なのですが、起業相談をしていると「1,500万円までは、申し込みできるのですよね?」という質問をよく受けます。
確かに・・・。
ただ「申し込みできる」のであって「実際に融資される額」とは違います。

現実的に、融資実行額は400万円前後が一番多いラインです。
そして、厳しい話ですが「融資が、申込額の満額でる人はそんなに多くない」という事実があります。

なんで?

答えは「事業をやってみなければ、売り上げがわからない場合が多いから」です。

つまり、事業計画のとおりにはいかないので、資金繰りも厳しくなる可能性があり、融資額も絞られるということ。

代表的なものは飲食店です。
いくら腕がよかろうが、
材料がよかろうが、
お客様が入るとは限りません。
立地やその時代の流行など、いろいろなことがあります。

飲食店で儲かっているのは、5%くらいと言われてます。
2割がトントンで、後は赤字状態とか。

逆に、起業前から売り上げ見込みがあること。
つまり、お客様がいることは、非常に大きなアドバンテージになります。

ワールドカップのサッカーで言うと、最初から2点くらいもらっている感じですね。
例えば、前職の会社やお客様が応援して、仕事を回してくれるパターンです。

この場合、融資申請もスムーズに行くことが多くなります。

だって「冒険」ではないですもん。
当初から売り上げ見込みがありますから。
確かに恵まれたパターンかもしれません。

でも、起業と一口に言ってもいろいろな形態があります。
是非、スタートからからアドバンテージを作るように起業前の生活もがんばりましょう。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

自己資金が少ないけど・・・。

自己資金が「非常に少ないのですが・・・起業したい」というご相談をよく受けます。
つまり、自己資金が30万~100万円弱程度しかない場合ですね。

まぁ、気持はわかります。私もそうだったから。
しかし。例えば起業融資の申し込みの場合、おおむねの目安は自己資金の倍の金額までです。
つまり、100万円の自己資金があれば、申し込みは200万円までOK。
ただし・・・、あくまでも申し込みベースの話。

実際に融資実行される金額とは違います(削られることも多いし、そもそもゼロ回答もある)。

ただ、現実問題として、100万円程度の金をもって起業して成功するのでしょうか?

会社作るだけでも、なんだかんだ30万円くらいかかりますよ。
また、最初の1~2か月程度は収入がほとんどないでしょうから、この時点で50万円前後は飛びますよね?(家族のいるなし、賃貸かどうかによって違いますが)。

どんなにいい事業計画でも、お金が尽きてしまえば終わりです。
思いつきで起業できるものでもありません。
瞬間風速で儲けても仕方がない話で、人は継続的に生活していく必要があります。

起業したいのならば、まずは起業のための貯金をはじめてみましょう。
焦ることはないですよ!

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

融資と信用

事業融資(借り入れ)は一度受けておわりでもなく、何度か繰り替えす場合が多くあります。
設備を増やすとか、広告を増やすとか。

企業規模が大きくなると、とうぜん必要経費も大きくなります。
これは、悪いこっちゃない。
というか、健全!

逆に言うと、融資を受けた場合、近いうちに借り増しする可能性が高いわけです。

そこも考えておきましょう。

対策・・・?
ズバリでいいます。
簡単な答えのようですが、「キチンとコツコツ返す」
これにつきます。

延滞や滞納が一度でもあった場合、借り増し等はできないと思って下さい。

正直なところ、一度くらいなら「銀行口座をかえたとき、引き落としがあって、残高不足になった」というような言い訳ができないことはありませんが(苦しい)、それでも査定は大幅なマイナスです。

結局、「信用の積み重ね」ということですね。
それでは、その信用の積み重ねはどれくらいの期間が目安でしょうか。

これもズバリでいきましょう。
「半分の返済」です。
これ、本当です。私が体験してます。
半分返すと公庫から「融資のご入用はありませんか?」というような、電話がかかってきたりします(笑

保証協会も同じです。
そうすると、通常、融資返済は6年~7年(設備・運転などにより違います)ですが、当初から5年=60回で返済するというのも一つの手です。

そうすると、3年後には半分以上返済できます。
3年を一サイクルと考えると、返済は6年や7年ではなく「5年返済」にして、信用を作っていくというも、一つのやり方です。

3年後を睨んだ事業計画、借り入れ計画を考えていきましょうね。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

融資とカード事故や自己破産

起業すると誰しも考えます。
廃業して借金を抱えたらどうしよう?

借金がらみで、ときどきあるご質問。
自己破産(や債務整理やカード事故)をしたことがあるのですが、起業して融資を申し込むのはどうですか?

う~む。
今回は結論から言いましょう。

無理・・・すみません・・。
いわゆるブラックリスト掲載は、7年程度と言われていますが、融資に関してはその期間とプラスアルファ程度、基本的に無理です。

相談の最中に「そういえば、大事なことを忘れていました。実は私以前破産歴が」と言われたこともありました(笑

最初から言えって(笑
ま、最初から言うと、断られそうですもんね。気持ちはわかる(笑

ちなみに金融公庫に、廃業などをしても申し込める融資があります。
また~。この。ほんとか?

建前に近いです。
弱者救済という建前で政府の方針に応じて作っただけ。

ホントに融資が出た人なんて、日本全国で何人いるかではないですか・・。
ところが考える。

例えば、「妻を社長名義にして、私が裏で経営する場合どうでしょう?妻は借金はありません。」
奥様のお仕事は何ですか?関係ある仕事?

要は、奥様が単独で知らない事業を立ち上げる、なんてことありえないじゃないですか?

その場合、通常、旦那さんの情報を求めてきます。
「この奥さんいろいろ言ってるけど、裏で旦那のバックアップがあるんじゃないの?」という感じですね。
ま、ホントに奥様が単独でやるのならば、説明できますが。

審査担当者って、そればかりやっているわけで、目のつけどころはシャープですよ。

他に、私のお客様で、自分は数年前別の事業をやっていたけど、自己破産してしまったので、友人に社長をやってもらっている方はいらっしゃいます。
自分が株主で資金を出してという形でした。

まぁ、バイタリティがある方だ。

自己破産しても、どこからか資金をもってくる(笑
この場合、融資は、その友人(社長)が対象になります。
株主は関係ないので。この場合オーケー。
そもそも、よほどの信頼関係がなければ難しいですが。

というわけで、手段がないこともないけど、自分が表にたつのは当分無理ということになります。

勿論、これは融資上のお話で現在、会社の取締役にはなれます。
ただ、許認可関係(免許の必要な業種)に関しては、自己破産は駄目な場合もあり、事前確認は必要です。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

他に借入金がありますが、融資はいかかでしょうか?

(質問)
「飲食店をやってみないか」との話をいただきました。
とても美味しいお店で、自分もお気に入りでしたので、この話をいただいてすぐにやってみようと思いました。

ただ、私自身、150万の借金が残っており返済中なもので、その上に借金をして起業は悩みましたが、またとないチャンスとも思い、挑戦しようと思っております。
ただ、借金の150万円は創業融資の際いかがなものでしょうか?

(答え)
150万円の借金とのことですが、借りた事情や何年返済しているのか?借り入れ先は?滞納はあるのか? 等が重要になります。
また、自己資金についてはどうなのか?
職歴は?
自宅か賃貸?
家族?
等々、融資にはさまざまなことが絡みます。

ただ、基本的に自己資金がなく、借り入れ(特にサラ金やカードローン)がある場合、融資はNGになる可能性が高い。

これは、私がではなく、金融公庫の担当者はこう見ると思って頂ければと思いますが、カードローン等の高い金利を、計画性がなく借りる方が何年も返済してくれるとは思えない。
と、融資担当者に見られる可能性が高いというのが理由です。

ただ、例えば病気でどうしてもお金が足らなかったや、友人の保証人になったなどの場合もありえますので、その理由など致し方ないものがあるかどうかによりますね。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

創業融資と見せ金

金融公庫等の創業融資を受ける際、見せ金といわれるものがあります。

これが、創業融資の際には非常に問題ですね。
自己資金が足りないときに、親族・友人、もっというとサラ金などから、融資の直前に現金を借りて、これが自己資金ですということですね。

結論から言うと、それは自己資金ではありません。
なぜか?

増えた根拠がないからです。今までの預金通帳に300万円しかないのに、明日から600万円になったら変ですよね。

ちなみに、サラ金から借りたのを「親から借りた」と言い張った場合、親の通帳をもってきてくれと言われた方もいらっしゃいます。

融資担当者に対して「見せ金」は基本的に通用しないと思って下さい。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

起業をする時の自己資金

当たり前のことではありますが、起業して食べていくことは決して楽ではないし、稼ぐ事も簡単ではありません。

だって、簡単であれば明日から勤め人はいなくなります(笑

そんな中での最初の壁が起業するための「自己資金を貯めること」です。

これ、起業相談の時に多いのです。
「自己資金ほとんどありません・・・。」
または、「失業手当をもらっていたのですが、今月で切れますので。」とか・・・。

失業手当は月15~20万弱とかなので、通常貯金は減っていくはずです。
起業する姿勢として、?マークですよね。

要するに、自己資金が全くなく公的融資だけ受けて開業しようとする方がいます。

ま、自己資金の倍までというのが融資の基準です。
ですから、このような方はまず融資もおりませんが、自分で何の努力もせずに開業できてしまうと、その後続かないだろうと思うのです。

勿論、サラリーマンやアルバイトなど、毎月決まった収入の中からお金を貯めるということは、生活を切り詰めないと実現しませんので、結構大変な作業です。
ベタな言葉ですが、努力が必要です。

ですので、起業前は、まず「開業資金を貯める事」に全力を注いでみてください。
焦って開業する必要など全くありません。失敗の元です。

開業資金は、業務内容や家族構成によっても変わってくると思いますので、一定して「いくら」という話ではありません。

ただ、開業に必要なお金とその後の生活費3ヶ月分程度の「半分」は確保したいですね。
半分は融資だとして。

勿論、お話したように業種にもよります。資金の回収が手形で3ヶ月後と考えると、最低3ヶ月分以上必要ですよね。

でないと、開業してから資金繰りが相当厳しくなります。

また、起業する場合(新規事業をはじめる場合)、大事なこと。
「とにかく小さくはじめる」
ということを心がけておいた方が良いと思います。

これ、結構な数の社長さんからも言われましたね。
何か必要な大きなもの(たとえば何かの機械とか)も購入ではなくリースを組むとかね。

広告費もいきなり数十万円の広告を打つ必要もなく、まずは数万円からテストしてみるとか。

ボクシングでも大振りのパンチがいきなりクリーンヒットすることはありません。

まずは小さく小さく、ジャブを当てることを積み重ねましょう。
収入の目処がついてきたら、徐々に大きく投資していけば良いだけです。

とにかく最初はケチってケチる。
開業資金をきちんとコツコツ貯める事ができる人なら、この辺の能力も自然と身についているはずです。
そして、そのことが経営にも活きてくるはずだと思います。

商売は小さく生んでコロコロと大きくしていく。
第一歩は開業資金を貯めることから。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

起業と融資と分譲と賃貸

さて、ハードボイルドなテーマ?ですが、要は起業して融資を受けるのに、賃貸がいいか持ち家(分譲)がいいかということです。
どちらでしょうかね?

「持ち家でしょ。信用があるし。」という答えでしょうか。
実は半分ただしいけど、半分間違いという感じです。

通常、持ち家の方が信用が高いと思うじゃないですか。

しかし、分譲を買って(持ち家でも同じです。購入の意味)5年程度の場合、支払った金はほとんどが利息ですよね。

つまり、最初は利息を払っているだけで、一般に家を買うというのは自分の持ち金(自己資金)を減らすことにほかなりません。
また、こう思いませんか?

「今から、起業をするというのに家を買って頭金を使い、起業に使うお金は大丈夫なのかな?」って。

つまり、起業をするといろいろとお金はかかるはずであり、自己資金はなるべく節約して、起業に備えるべきではないのかって。

実は公庫や保証協会(特に公庫)の融資担当者は上記のような見方をするのです。

今から起業するのに、家を買って大きな負債を背負ってしまって大丈夫?と・・・。
まして、購入して5年くらいですと元金も減っておりませんし、融資では不利な材料になります。

半分正しいというのは、もうローンがかなり済んでいる状態であれば(半分以上程度)、返済してきたという信用もありますので、その場合有利に働きます。

注)勿論、奥様に十分収入があるとか、親御さんから相当の頭金を出してもらうとかがありますので、一般論にはなりますが。

先日、起業相談にのった方で、2年前に家を買ったばかりという方がいらっしゃいまして、その旨お話しました。

「でも先生さ~、意味はわかるけれど、ウチのカミサンが購入ってうるさくて、家庭の事情というのもあるじゃないですか?」と怒られましたが?(笑

おっしゃっている意味もわかるのですよね。
わかる!奥さんの喜ぶ顔も見たいわな。
子供と遊ぶ姿も見たいわな。
俺もがんばって、城を構えたとバーや居間で酒飲みたいわな→北方健三みたいに。

わかるのだけれども、「起業という人生の一大事は、やっぱり起業前からの段取りから始まっている」のです。

昨日、今日起業を考えて起こしていく人はいないわけで、やはり近いうちに起業する予定で動くのならば購入するかどうかは考えてくださいということです。
将来起業を考えるのならば、事前から考えてほしいと。
成功の確率をあげるために。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

創業融資と自己資金について

特に日本政策金融公庫の創業融資では自己資金要件が問われます。
このときに、自己資金とはどのようなお金をいうのでしょうか?

考え方はいろいろとありますが、要は自分のもっている動かせる(流動性のある)お金(つまり不動産などは駄目)のうち、事業に使ってもいいお金のことです。

仮に500万円持っていたとしても、子供の学費等で200万円は使えないと。
残り300万円が使っても大丈夫なお金であれば、自己資金は300万円ということになります。

ということは、自宅か賃貸、独身・既婚など様々な要件で自己資金は変わってくるということです。

 

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

創業融資で開業資金を調達サポート

起業支援の専門家がご相談いたします。

このページの先頭へ