自己資金が「非常に少ないのですが・・・起業したい」というご相談をよく受けます。
つまり、自己資金が30万~100万円弱程度しかない場合ですね。

まぁ、気持はわかります。私もそうだったから。
しかし。例えば起業融資の申し込みの場合、おおむねの目安は自己資金の倍の金額までです。
つまり、100万円の自己資金があれば、申し込みは200万円までOK。
ただし・・・、あくまでも申し込みベースの話。

実際に融資実行される金額とは違います(削られることも多いし、そもそもゼロ回答もある)。

ただ、現実問題として、100万円程度の金をもって起業して成功するのでしょうか?

会社作るだけでも、なんだかんだ30万円くらいかかりますよ。
また、最初の1~2か月程度は収入がほとんどないでしょうから、この時点で50万円前後は飛びますよね?(家族のいるなし、賃貸かどうかによって違いますが)。

どんなにいい事業計画でも、お金が尽きてしまえば終わりです。
思いつきで起業できるものでもありません。
瞬間風速で儲けても仕方がない話で、人は継続的に生活していく必要があります。

起業したいのならば、まずは起業のための貯金をはじめてみましょう。
焦ることはないですよ!

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア