1、類似商号調査 2、事業目的の承認 現在、類似商号の調査は必要なくなりました。丁度同じビルなどに、同じ商号の会社が入っていない限り登記申請は受け付ける方針です。 しかし、会社を起した後に損害賠償をされる問題もありますの・・・