開業資金を創業融資で調達サポート

個人事業主の社会保険加入

社会保険は会社は絶対加入(社長1人でも報酬があれば)ですが、個人事業主は原則として、従業員が5人以上になった場合、強制加入となります。

ただし、第一次産業の農林水産業 サービス業の理美容業・エステ、旅館・料理店・飲食店 士業などの法律業 宗教関係の事業を除きます。これらは5人以上でも任意加入です。

 

ちなみに、5人未満の個人事業主の場合、従業員の1/2以上の賛成があれば、任意で加入することはできます。

社会保険任意加入の問題点

1、事業主は加入できない
2、基本的に、正社員(週の3/4以上出勤の方)は、全員加入となります。

要は誰々のみというのができなくて、正社員又はそれに近い方は全員加入になってしまうのです。

★逆に言うと、会社と同じになるので、今後誰かを入社させたとき全て加入させる必要があります(パートは別ですが)。

手続き

必要書類は通常の法人手続きとほぼ同じですが、添付書類がかなり大変です。

1、代表者の住民票(奥様、子供さんなども全員)

2、賃貸借契約書コピー

3、公租公課を証明する書類(直近一年分)5点

  1. 源泉所得税の納付書
  2. 事業税
  3. 市町村民税納付書
  4. 国民年金
  5. 国民健康保険の納付書

以上となります。

要は余程キチンと税金の納付等していなければ、個人事業主の加入自体に慎重姿勢ということです。

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Share on Facebook

創業融資で開業資金調達の調達

創業融資での開業資金調達の専門家が、融資・助成金・会社設立・従業員の雇用等:起業全般のご相談を致します。

このページの先頭へ