若者チャレンジ奨励金 という助成金。

ま、あまり詳しくは書きませんが、某所のご担当のお言葉。
「講習ではなく、訓練なんだから!!基本的にはマンツーマンだよ。だから、5~10人くらいの規模の会社の役員さんとか社長さんがべったりはりついて行うなんて、本来ありえないでしょ?不可能じゃない。計画書は受け取るけど、本当にそれで社長さんがやったと言っても、私は?ですよ!」

温厚に言ってらっしゃったので、別段文句ではないです。
その方の考えだし。

ま、担当の親父さんの言っていることもわかるけどね。
でも、だったら、50人以上で「職長=工場長とか」がとかいる会社でないと認めないとかね。ルールは統一してほしいわ。

これ、正直、支給申請の時に相当もめる(後で、これがなかったから駄目とか)可能性がありますな。 どの担当者に当たるかによって相当左右されますね。

急に決まった助成金などの場合、いろいろと見解の不一致がある場合があるので、気をつけようということです。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア