特に日本政策金融公庫の創業融資では自己資金要件が問われます。
このときに、自己資金とはどのようなお金をいうのでしょうか?

考え方はいろいろとありますが、要は自分のもっている動かせる(流動性のある)お金(つまり不動産などは駄目)のうち、事業に使ってもいいお金のことです。

仮に500万円持っていたとしても、子供の学費等で200万円は使えないと。
残り300万円が使っても大丈夫なお金であれば、自己資金は300万円ということになります。

ということは、自宅か賃貸、独身・既婚など様々な要件で自己資金は変わってくるということです。

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア