暑財団法人介護労働安定センターから、介護労働実態調査が発表されました。
勿論、この手のものはアンケート形式のため、話7割くらいで聞いた方がいいところがあります。
だって、アンケートで自社に不利なことは書かないので(笑
○1年間での離職率16.1%、平均給与216,086円という数字が出ておりました。
とりあえず離職率・・・離職率はいろいろな見方があります。
高卒なのか大卒なのか、中途入社なのかなど。
要するに長いスパンでみれば、大企業などを除けばどの業界であれ、5割前後の方は一度くらい転職するでしょ?

だから、どのポイントを抽出するかによって、大きく違いが出ます。

しかし、資料を見ると介護施設って言っても、いわゆる民間会社とは少し違う社会福祉法人・医療法人や社会福祉協議会なども含まれていたりしますね。

勿論、いわゆる病院などもありますので、民間でないということではありませんが。
ちなみに、民間会社での離職率は20%近くになっていますぜ・・・。
他は10%超程度。

これは何を意味するかというと、要はアルバイトやパートさんが多いわけですな。
だから離職率も高くなってくると・・・。

ということは、この業界は特にパートさんを戦力にすべく教育に力を入れるべき!
などを社労士のようなことを言ってみたりする。
あ、社労士だけど(笑

冗談はともかく、特にパートさんの戦力化ということでは、頭の知恵を絞るべき業界ではありますね。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア