事務所移転に伴って、新サービスをはじめようかと。
事業計画書の作成お手伝いや創業融資を中心としたコンサルサービスです。

実は今まで、「融資のみ」のお手伝いはほとんど行いませんでした。

顧問のお客様のみは、ご相談乗るという形だったのですね。

理由はね・・・長くなるけど、書いてみました。

通常、他の融資コンサルトと言われている方のHP等を見ると、ほとんどの場合 着手金3~5万円で成功報酬が融資実行額の3~5%程度となります。

つまり、一般的に多い 300万円~400万円の融資実行で15万円前後から~25万円程度の成功報酬ですな。
ということは・・・、例えば日本政策金融公庫の利息は3%程度(変動金利)になりますが、成功報酬5%程度などを合わせると、結局利息を8%前後程度払っているのと同じことになります。

ウ~む。そんなに安くもないか(それでも安いですけど)。

また、雛型の事業計画書を渡されて「社長、面談があるのでこの通り覚えて下さい。社長が作る必要などないから!」と本当に言われた方も何人かご相談に乗ったことがあります。

正直に言いましょうか。

成功報酬で行う場合、どうしても融資申込額もあおって多くしがちです。
だって、成功報酬が増えるから(笑

注)勿論、多くの方はキチンとやっていらっしゃいますので、誤解のなきようお願いします。

実際にあった話として聞いてね。
でも・・・どうなんでしょうか?
特に事業計画書のお話になるのですが、自分が今から起業するのに、事業計画を他人任せでいいのでしょうか?

本当は、事業計画や資金繰り計画などは自分が手を黒くして、汗を書いて作る必要があるのではないかと思うのです。

そこで、あくまでも、事業の概要や事業計画自体はご自身で考えて頂き(ただし雛型などはお渡ししますが)、私は事業計画書作成(融資申請時)の大事なポイントを伝え、チェックをしアドバイスを致します。

また、事業自体の内容に問題がなければ、「融資申込時に推薦状も書かせて頂く形」で融資が実行されるように(もっと言うと起業が成功するように)、応援するという形を取らせて頂ければと思います。

私は社会保険労務士の顧問も主要業務となっており、基本的に会社様と長期に渡り信頼関係を築いていくという姿勢を大事にしたいと思っています(融資申請をしたから顧問契約をして下さいという意味ではなく、スタンスの意味です)。

ですので、「丸投げで全て作成してもらい、融資が降りればいいや」という方ではなく、あくまでも、事業計画書を指針として、事業を成功させていきたい方と一緒に頑張りたいと思っております。

そのため、料金に関しては本人にも時間を使ってもらう訳で、成功報酬という形は取らずに、固定とし、料金は通常よりやや安め(キャンペーンでもっと安いですが 笑)にしてみました。

ということなのですが、当然やってうえでいろいろ考える部分が出てきます。

ですので、サービス内容や料金などは随時見直してはいきますし、あわないな・・・。
と思ったら、突然辞めるかもしれません。
試験的に進めてみます。

というわけで、事務所移転に関して改めて御礼申し上げます。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア