新規開業資金については、特別利率(特利)が適用される場合があります。
徳利でもいいのですが、当然そういう字は使いません。

・事業の拡大が見込まれるものの、黒字化に至っていない方(注1)の設備資金・運転資金[特利A]
・技術・ノウハウ等に新規性がみられる方(注2)の設備資金[特利C]
となります。

要するに、将来性がある場合、少し安めの利息で貸しますよということですが、基本的には基準利率と思った方がいいとは思います。

大体2~3%前後です。

仮に400万円を借りて、年間12万円です。
ただ元金は減っていきますので、金利負担はほぼないかと思います。

この一見さんにでも、「低利」で貸してもらえるというのが、日本政策金融公庫最大の魅力でもあります。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア