巷では「インターネットビジネス」で稼ぐとか。ネットで起業するとかいいますね。

これって面白いね~

だって、本来ネットって「人と人を繋いだり、情報を得るための手段」であり、そのもので稼ぐものではないもんね。

ん?おまえ・・何言ってるかわからない?

 

要するに、私が社労士という商売をやっていたら、それを知ってもらうための手段ですわな。

その意味では、DM(ダイレクトメール)とかと一緒ですよね。

 

DMで稼ぐ!とはあまり言いませんね。

 

社労士で稼ぐ→手段としてDMを出すということ。

社労士で稼ぐ→手段として、HP(ネット)を作ると。

 

ま、要するに手段としてのネットというものが、あたかもそれ自体で稼げるようになったということですな。

 

元々、アフィリエイトの存在が大きいかな。

 

今日から、他人のもの(商品・サービス・ノウハウ)を売れるのですから。

要するに、自分は何ももっていなくても、人さまの物を売れば(代理店になれば)、儲かるというね。

ま、98%は、月3000円も稼げんけど(笑

 

先日、起業相談を受けたときに「商品はどうやって告知するのですか?」「いや、HPなどを作って」と言われていましたが、んま、ネット上では誰でも代理店になれるくらいのものです。

 

そのとき、自分で売るより、アフィリエイトとして出品した方がいいかな?と一瞬思ったことを思い出して、記事を書いてみました。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア