金融公庫等の創業融資を受ける際、見せ金といわれるものがあります。

これが、創業融資の際には非常に問題ですね。
自己資金が足りないときに、親族・友人、もっというとサラ金などから、融資の直前に現金を借りて、これが自己資金ですということですね。

結論から言うと、それは自己資金ではありません。
なぜか?

増えた根拠がないからです。今までの預金通帳に300万円しかないのに、明日から600万円になったら変ですよね。

ちなみに、サラ金から借りたのを「親から借りた」と言い張った場合、親の通帳をもってきてくれと言われた方もいらっしゃいます。

融資担当者に対して「見せ金」は基本的に通用しないと思って下さい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア