基本的に、既に創業している自営業(又は法人)については、起業関係の助成金対象になりません。

これは、起業というのはあくまでも、勤め人が新たに起業することを想定しているからです(その後で、人の雇用など、雇用の創出を伴うことが前提)。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア