起業すると誰しも考えます。
廃業して借金を抱えたらどうしよう?

借金がらみで、ときどきあるご質問。
自己破産(や債務整理やカード事故)をしたことがあるのですが、起業して融資を申し込むのはどうですか?

う~む。
今回は結論から言いましょう。

無理・・・すみません・・。
いわゆるブラックリスト掲載は、7年程度と言われていますが、融資に関してはその期間とプラスアルファ程度、基本的に無理です。

相談の最中に「そういえば、大事なことを忘れていました。実は私以前破産歴が」と言われたこともありました(笑

最初から言えって(笑
ま、最初から言うと、断られそうですもんね。気持ちはわかる(笑

ちなみに金融公庫に、廃業などをしても申し込める融資があります。
また~。この。ほんとか?

建前に近いです。
弱者救済という建前で政府の方針に応じて作っただけ。

ホントに融資が出た人なんて、日本全国で何人いるかではないですか・・。
ところが考える。

例えば、「妻を社長名義にして、私が裏で経営する場合どうでしょう?妻は借金はありません。」
奥様のお仕事は何ですか?関係ある仕事?

要は、奥様が単独で知らない事業を立ち上げる、なんてことありえないじゃないですか?

その場合、通常、旦那さんの情報を求めてきます。
「この奥さんいろいろ言ってるけど、裏で旦那のバックアップがあるんじゃないの?」という感じですね。
ま、ホントに奥様が単独でやるのならば、説明できますが。

審査担当者って、そればかりやっているわけで、目のつけどころはシャープですよ。

他に、私のお客様で、自分は数年前別の事業をやっていたけど、自己破産してしまったので、友人に社長をやってもらっている方はいらっしゃいます。
自分が株主で資金を出してという形でした。

まぁ、バイタリティがある方だ。

自己破産しても、どこからか資金をもってくる(笑
この場合、融資は、その友人(社長)が対象になります。
株主は関係ないので。この場合オーケー。
そもそも、よほどの信頼関係がなければ難しいですが。

というわけで、手段がないこともないけど、自分が表にたつのは当分無理ということになります。

勿論、これは融資上のお話で現在、会社の取締役にはなれます。
ただ、許認可関係(免許の必要な業種)に関しては、自己破産は駄目な場合もあり、事前確認は必要です。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア