事業計画書を作る場合、主要経営陣の略歴も重要です。なぜなら人は人に興味があるからです。
どんな人が事業を行っているのか??
そこに興味をもたすことが重要になります。
○何を書くべきか?
こういう人物(又はメンバー)が事業を行うのならば大丈夫そうだ!と思えるよう、これまでの実績や強み、今までの事業と今回の事業への関連性などをわかりやすく書きます。

A4版1ページで、経営陣に関心をもってもらうように書くこと。
今までに成功させ社内などのプロジェクトがあれば、それも書くことも重要です。

○学生での起業や今までに特に実績がない場合
なぜ、自分達がこの事業をやり、この事業を成功させる自信があるのかを共感を得るように書く必要があります。

※書く上でのポイント
結局、人が全て。説得力のある事業計画も、それを実行できるチームの存在が極めて重要のため、経営陣に興味をもってもらえるようにする。

事業を成功させる上で重要な経験や実績を簡潔に書き、本事業と関係ない経験は割愛します。

結局のところ、言い古されているかもしれませんが、自己(又は自社)の経験上の強みをめとめるということが重要です。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア