貧乏暇なし(びんぼうひまなし)。

何?私のこと?ではなく(笑  これ、深い意味がありますね。
よく聞きませんか?仕事はあるけど儲からない。

言葉自体に色々な意味があるとは思いますが、ちなみに社長の会社の取引の中で利益が出ていない取引先はないですか?

私は、以前建築会社にいたことがありますが、よく原価割れでも仕事を受注してしま業者さんがいらっしゃいました。

職人さんの給料支払いなどがあるので、仕事がないより採算割れでも仕事をとってしまうということです。

後は手形で四苦八苦・・・。いずれパンクしますが。

特に起業したばかりのころ、取引先からのダンピングもきつくなりますが、採算割れになる仕事は、後で収益に対してボディブローのようにきいてきます。

いくら仕事をしても利益が出ない→貧乏暇なし状態にならないように原価ラインははっきりさせておきましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア