事業用資金の内訳は数あれど、大きく2つを覚えておきましょう。
第1のコース 運転資金
会社運営に関して日常的に必要な資金。一般的に短期資金です。・・・仕入代金や人件費。その他経費など。

第2のコース 設備資金
設備投資のための資金・・・その名のとおり設備投資等資金。一般的に長期資金です。

この2つのバランスが非常に大事。

例えば、設備資金を調達する場合に、4年返済で資金を借りましたが、設備資金は長期の回収が必要になります。

そうすると資金繰りがおかしくなります。
だから、長期資金か短期資金かの違いを理解して資金繰りをしていくことが大事です。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア