商品を販売する場合、いろいろな手法がある。しかし、結局一番大事なのは、お客様志向で考えること。

「買い手」つまり、お客様の立場で戦略を策定すること。

顧客のニーズはどうしたら満たすことができるのか検討。

それが一番大事~♪

買い手側から考える場合、次の3つがポイントになります。

①顧客にとって得られるものは何か 例:美味しい料理など
②形態は魅力的か 例:デザイン、ブランド うきうきしてくる高揚感など
③商品の付属機能 アフターサービス、保証、デリバリーなど

色々な偽装が多いのですが、今一度立ち止まって、どうしたら顧客の立場になるかを考えましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア