新商品やサービスの新規開発は、自分の夢・感動・不満・不便からスタート。自分の頭で考えて、できれば仲間・社員を集めてブレーンストーミングしてみましょう。ここで具体化できるかどうかを考えます。
当然、商標や特許登録されていたりすると、その時点で「そのままの商品開発」はできません。類似品があるということは、市場があるということです。

その場合、どの部分が商標や特許登録に当たるのかを徹底的に考えて、アイデアの明確化、評価、差別可をはかっていく必要性があります。

リスク分析なども徹底的に行うべきです。
どれほどの工程(人件費がかかる)、資金を投入する必要性があるか?

市場投入するまでに、どれくらいの工程が必要になるのか?徹底的にリサーチしましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア