Vol.1 融資を受けられる人は、『言い訳』を準備してあげられる人?
金融機関に取ってお金を貸してもいいかな?と思わせることができるのはどんな人でしょうか?

 

Vol.2 50%OFF!? 融資担当者の判断基準とは?
「分厚い立派な事業計画書をもっていけば、融資はおりやすくなるだろう!」実際、起業相談を受ける時、「融資は事業計画書次第ですよね」というご意見もよく聞きます。それは、本当でしょうか?

 

Vol.3 言ってはいけない。融資申し込み時のNGワード
創業時に融資申し込みをすると、約1週間後に担当者と面談になります。この時、言ってはいけないNGワードがあります。なぜタブーとされているのでしょうか?そこには、深い意味があります。

 

Vol.4 融資時の保証人。どんな人がふさわしいのか?
起業家には耳の痛いお話でしょうが、今から創業する場合、信用がないのは確かなことです。そこで融資申込に行くと言われるのが「保証人はいらっしゃいますか?」ということ。それでは、保証人はどのような人がいいのでしょうか?

 

Vol.5 事例に学ぶ。融資申請の秘訣。
今回は、実際に私が顧問先として融資をお手伝いしたA社の事例を元に、融資成功のポイントをあげてみましょう。実際に、400万円の満額融資を受けることが出来た事例なので、是非参考にしてみてください。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア