1、成長への戦略

事業をどう展開していくかの雛形のことです。企業が事業を行う製品や市場を決定する場合の戦略です。自分でやるのは勿論ですが、従業員みんなで考えることが大事です。ただ「売れ売れ」だけでは話になりません。

ア、市場浸透戦略
イ、市場開発戦略
ウ、製品開発戦略
エ、多角化戦略
などに分類できます。
新規市場は、イ、市場開発戦略、エ、多角化戦略
既存市場は、ア、市場浸透戦略、ア、市場浸透戦略
が主な対応になります。

2、競争戦略
同業者とどう戦っていくかという戦略です。

ア、コスト戦略
イ、差別化戦略
ウ、集中化戦略
安くする?他と変える?何に集中する?などに分類できます。

 

3、撤退をするための戦略
不本意ながら事業活動からどう撤退するかの戦略です。
ア、撤退という現実をどう受け止めるか?
イ、なぜとどまるのか?

お金が続かないのか?戦略のミスか?それとも意地という感情でしょうか?もう一度再起を記せばいいじゃないですか?
それぞれ、商品とサービス特性を考えてまとめていきましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア