さて、いよいよ定款作成です。定款は会社にとっての最初のルールブックです。

会社名や会社の所在地といった基本的なことから、株主総会や配当方法など金銭にかかわることまで、色々な決め事がかかれています。

正直、本屋さんに行くと定款の作成だけで1冊の本になっておりますので、限られたスペースで全てをお知らせすることはできません。特に、取締役が1人のケースから、従来のように複数いる場合と色々な機関設計ができるようになっています。

また、定款の認証時には、
印紙代 4.0万円 公証人の手数料5.0万円がかかりますが、電子定款認証を使うと印紙代がタダになりますのでご利用下さい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア