商号、目的などが決定したら次に会社の代表印を作ります。この印鑑が後で会社の代表印になります。

通常は印鑑屋さんにいけば、会社代表者印・角印・銀行員、住所などがある4段組の印とがセットになっています。物によりますが2.0万円前後でできます(水牛とかを使うと高いです)

 

ちなみに、大きさも決まりがありますが、印鑑屋さんで会社の印といえばOKです。法務局で登記申請をする際に、登記申請書と一緒に印鑑の届出をします。
銀行印と実印は同じものでもかまいませんが、利便性を考えて違う物にした方がいいと思います

さて、言うまでもないのですが会社の印鑑は非常に大事なものになります。できれば社長が保管しておくのが一番いいのですが、それでは会社が大きくなると業務上不便な場合もあります。しかし、少なくても実印は金庫にしまっているくらいが一番いいと思います。

例えばある社員に勝手に実印を押されてしまった場合、「有効」になる可能性が高くなります。

印鑑の取り扱いに問題があった社長に過失があるということです。くれぐれも印鑑の管理は厳重にしましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア