社会保険は主に健康保険と厚生年金になります。ご存知のように、社会保険は企業の負担が多いというイメージがあります。

最初に金額を出しましょう。会社負担分のみです(平成26年度価格)。
健康保険 49.85/1000

厚生年金  87.37/1000

介護保険  8.6/1000(40歳以上の人が対象)

 

他にも児童手当の負担などもありますが、単純に20.0万円の給料で考えますと
健康保険 9,970円
厚生年金 17,474円
介護保険   1,720円
になります。

合計1人当たり、29,164円!
単純に従業員が10人いたら、月約30万円、年では何と約360万円の負担になります。

だから、社会保険には加入しないという事業主さんが多いのです。

法律がそうだから、強制加入ですよ!などとは言いません。しかし・・・。です。

逆に社長さんが勤め人であるならば、社会保険さえない会社に勤めようと思うでしょうか?
若しくは、社会保険さえない会社にいい人材が集まって来るでしょうか?

勿論、全額税金の控除対象にはなりますが、人を雇うときは給料のほかにかかる必要経費だと考える必要があります。

つまり、給料だけ20.0万円にすればそれでいいというわけではありません。
その辺りを計算しながら給料の金額、事業の資金などの資産は出す必要があります。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア