※起業時、創業後にかかわらず、人の雇用~育児規定・パートタイム規定・高齢者雇用規定など色々な制度をつくるときには、助成金が活用できる可能性があります。

助成金とは、以下のようなものです。
1、助成金は返済不要のお金です。

助成金は借金とは違い、受給後に返済する必要はありません。特に厚生労働省関連の助成金は、企業を経営していく上において当然に発生する、人に関するコストを中心に支給されます。

 

2、助成金は国の雇用政策に乗っとって、雇用管理を行う企業に対し費用を援助します。

簡単に言うと国の政策の方向に合うことが必要ですが、現在の方向性です。

ア、独立・起業などの起業時
イ、育児・介護の政策(小子化)
ウ、60歳を超えた後の高年齢雇用政策(高齢化)

この3つになります。終身雇用が崩れて、独立・起業がブームになっていますし、少子・高齢化問題は言うまでもありません。この方向に対策を立てていく個人や企業は助成金が受給しやすくなっています。

 

3、助成金の財源は雇用保険です。
厚生労働省関係の助成金は会社が支払っている雇用保険料の一部を財源としています。決して、国からの施しなどではありません。保険料を支払っているだけでは仕方がないので、助成金制度なども有効に利用しましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア