ドラッガー=会社にとって「利益は条件」である。

「社長の給料はいくらくらいで設定すればいいのですか」というご質問を受けます。

結論から申しますと、いくらでもかまいません!

独立開業をしたら、もう給料を「貰う」ではないのです。反対の「払う」という立場になります。

しかし、当たり前ですが多すぎると会社の収益を圧迫しますので、資金繰りが困ってしまいます。

最初は少なくても、業績が上がったら少しづつ多くしていくという形でいかがでしょうか?

もし会社に何かあったときは、社長の個人資産を充てる必要があります。そのときに、お金がないでは仕方がありません。

そのため、報酬を多くもらっておくことも社長の責務なのです。

つまり、社長が利益を100万円、200万円とれるための「システムを造る」それが経営です。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア