社長は本当に「経費とか節税」という言葉が好きですよね(笑。 それは冗談ですが、本来利益に組み込む必要のあるお金が100万円あっても、社員旅行やパソコンなどを買って、全部使ってしまったりとか(笑)
しかし、現実的には、お金の回るシステムを作っていかなければなりません。会社に利益が残った場合にすべて経費で使ってしまうと、次年度にそのお金の分=資本に組み込めないため、来年度も同じ規模の会社になってしまいます。

つまり、いつまで経っても会社は大きくならないんですね。ここに気がつきましょう。お金を回していく循環システムを作ることが大事なのです。

勿論、無駄なものは払う必要はありませんので、無駄な経費カットや節税は大事です。しかし、このお金を回して、資本を膨らませることを考えないと、毎年同じ規模の会社になりますから、嫌なことが起こってきます。

会社が伸びないから「良い社員から辞めていくのです。」 折角育った社員が辞めていくのは、会社にとってどれだけの損失でしょうか?少しの経費削減どころの騒ぎじゃないですよね。

ですから、会社と利益がコロコロと回っていく仕組み。それを考えて構築して行きましょう。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア