起業に向けての考え方と理念・最初の計画の立て方を掲載しています。
拝今現在、どのステージにいらっしゃるのでしょうか?

漠然と起業して何かをやりたいなぁ?の段階でしょうか?すでにこれをやる!の段階でしょうか。

 

独立!起業!いい響きです。しかし、喜んで開業しても、実際1年後に残る会社は半分・・。5年後は3割、10年で1割と言われています。実際はもう少し多いかな。8割、5割、3割くらいの感じですかね。

つまり、社長の会社が残っている確率は10年後で1割しかないのです。それだけ起業というのは厳しい世界です。

しかし、一発奮起して会社を起こしたのに、失敗してどうするのですか。自分や家族を路頭に迷わせます。綿密なる事業計画や、経営理念への思い、周到な準備。これら様々なものが必要になります。

当事務所では、会社設立から、人事面、助成金や融資の相談。人事制度構築など、起業の支援を行っております。様々な「法務知識」を=「知恵」に変えて提供していきます。
社長というのは孤独なものです。社員は文句ばかり言うし、取引先からはお金の入金を待ってくれと言われるし・・。

どうか、失敗しない独立をして下さい。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア