合同会社は、メンバーの個性が重視される「ヒトが基本の人的会社」です。利益分配の割合を自由に決められます。組織形態・運営も自由に決められます。

つまり、スピーディーな意思決定や運営ができる、小規模起業にピッタリの会社形態です。現在の有限会社をもっと簡易化したものになります。

株式会社と合同会社(LLC)の違い。

 

◎株式会社は「物的会社」です。

株式会社は、お金や設備などの、物を中心に考える「物的会社」と呼ばれる組織形態です。

異論もあるかも知れませんが、会社はお金を出した株主の物であり、会社が利益を生んだら、その利益の配当を、株主が受けることができます。その配当の割合は、お金をいくら出したかによって決まります。つまり出資額の割合です。

 

◎合同会社(LLC)は「人的会社」です。

合同会社は、構成員が誰であるかを重視し、ヒトを中心に考える「人的会社」と呼ばれる組織形態です。会社が生んだ利益を、出資者に分配するのは、株式会社(物的会社)と同じですが、利益分配の割合は、必ずしも出資額の割合と同じでなくても良いのです。

例えば、出資額は少なくても、知識やノウハウ、働きなどで会社に貢献する人を評価して、多くの配当を与えるように取り決めることも可能です。

つまり、柔軟な利益配当が可能になります。このような規定は、全て定款により自由に定められます(定款自治)。

また、出資の方法も金銭だけではなく、信用や労務による出資も認められています(例えばAさんの出資は営業力2,000万円分など)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`google_buzz` not found]
Facebook にシェア